病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


猫の猫免疫不全ウィルス FIVとは

猫エイズ(猫免疫不全ウィルス感染症) 猫エイズと言われ、ウィルスによっておこる免疫不全症で様々な慢性疾患を伴う病気です。
猫免疫不全ウィルス(FIV)は、人のエイズウィルス(HIV)と同類のレンチウィルスですが、猫固有のウィルスで猫以外には感染しないようです。
猫は屋外でケンカによる紙傷などから感染する事が多いようです。
外出した事が無い猫が猫エイズウィルスに感染と言う例はほとんど無いようです。ウィルスは比較的弱いもので、アルコール・洗剤等で容易に死滅し交尾や接触だけで感染する事は非常にまれと言われます。
この猫エイズウィルスに一度感染すると、猫の体内から消える事はありません。感染の診断は血清の抗体検査で行われ、感染した猫は終生、抗体反応が陽性になります。感染は外出する猫に圧倒的に多く、特に雄猫に多いようです。
屋外で猫が過密な地域ほど高い感染率がみられます。

猫の猫免疫不全ウィルス FIVの症状
猫の猫免疫不全ウィルス FIVの原因
猫の猫免疫不全ウィルス FIVとサプリメントは?

猫の猫免疫不全ウィルス FIVの症状

数年以上の経過で猫後天性免疫不全症候群(猫エイズ)がおこり、発症した場合は生死に関わりますが、無症状のまま生存する猫もかなりいるようです。
感染から約1ヶ月で抗体検査が陽性になり、感染初期の軽い症状として発熱下痢・リンパ節腫れなどが見られます(急性期)。急性期は1ヶ月〜数ヶ月続く事がありますが、その後は無症状の時期が数年にわたって続きます。
無症状で持続感染(キャリア)のまま寿命を迎える猫もいます。
その後、全身のリンパ節が再度腫れだし様々な慢性の病気(皮膚炎・口内炎・鼻炎・腸炎など)が見られるようになります(エイズ関連症候群)。
この時期はリンパ節や免疫機構の破壊が徐々に進み、免疫機能の指標となるCD4陽性Tリンパ球数も減少します。この時期でもっとも多い猫の症状は口内炎です。
通常は5歳以降にみられる末期のエイズ期では次第に痩せ方が激しくなり、貧血も進んで免疫不全の表れでもある悪性腫瘍(癌)や日和見感染症が見られます。
日和見感染症とは免疫が正常な固体では感染しない弱い病原体によるものに感染する事で、猫ではクリプトコッカス症や様々な細菌感染が見られます。
その後CD4陽性細胞数はエイズに特徴的な低い値となって日和見感染症や腫瘍に対する治療にさえも反応が鈍くなります。

猫の猫免疫不全ウィルス FIVの原因

免疫不全ウィルス(FIV)による感染です。猫同士の喧嘩によって噛み傷、唾液から感染する接触感染が多いですが、メス猫の膣粘膜からも感染する事が判明している。

猫の猫免疫不全ウィルス FIVにサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る