HOME > 健康辞典 > 猫の病気一覧 > アレルギー性皮膚炎
病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


猫のアレルギー性皮膚炎とは

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。この免疫機能がホコリやダニなど、普通は反応しない物に過剰に働いてしまう為、体に害を与えてしまう事があります。
これをアレルギーと言って、その原因となるなる物資をアレルゲンと言います。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状
猫のアレルギー性皮膚炎の原因
猫のアレルギー性皮膚炎の種類
猫のアレルギー性皮膚炎とサプリメントは?

猫のアレルギー性皮膚炎の症状

強い痒みのため猫はしきりに引っ掻いたり舐めたり咬んだりします。
その為皮膚が傷つき、表皮がはがれて潰瘍ができたり出血したりします。
体液がでてジュクジュクしたり、それが乾燥してフケのような物が
でてきたりします。皮膚の状態が悪化すると脱毛や毛が薄くなっりします。
アトピー性皮膚炎や食物性アレルギーは外耳炎を伴う事もあります。
皮膚炎の種類により症状が現れやすい箇所がありますが、病気が進行するにつれ患部は全身へと広がっていきます。アレルギー性の皮膚炎を抑え、治すにはアレルゲンを取り除く事と、免疫機能を正常に働くようにする事がとても大切です。

猫のアレルギー性皮膚炎の原因

生活環境や最近の食べ物の変化などからある程度の原因物質を特定できます。可能性のあるアレルゲンを与えて反応を見る事で原因を特定できれば、できるだけ生活の中から排除します。しかし、アレルゲンを特定できない事も多くあり、ほこりやダニを完全に排除する事は非常に困難です。
猫のアレルギー性皮膚病を発症すると、治った様に見えても再発する事もある為、長期間根気強く対処する事と、常に体や被毛のチェック等を行うことが必要です。

猫のアレルギー性皮膚炎の種類

接触アレルギー
特定物質に接触した部位(皮膚等)のかゆみ・発疹・脱毛が見られます。
特に体毛が少ないお腹や首等に多い様です。

食物アレルギー
肉・卵・牛乳・添加物等の食物や、特定の食物(そば・小麦粉等)に体の免疫細胞が敏感に反応する事が原因でおこるアレルギー反応です。
嘔吐や発疹・痒みなどがみられます。

アトピー性(吸引性)皮膚炎
ダニの死骸やホコリを吸引することで起こる皮膚病がアトピー性(吸引性)皮膚炎です。アトピー性の皮膚病は遺伝的素因が大きく関係すると言われる慢性の皮膚病です。慢性化しやすく又一時的に治っても再発しやすいのがアトピーです。

ホルモン性皮膚病(猫の脱毛症・クッシング症候群
皮膚や被毛に大きな影響を与えるのが甲状腺ホルモンと副腎皮質ホルモンです。ホルモンのバランスが崩れ発症する皮膚病を内分泌性(ホルモン性)皮膚病と言います。動物の体内では色々なホルモンが分泌され、体内環境・臓器・組織の働きを調節しています。皮膚や被毛もホルモンの影響を受けています。
その為ホルモンバランスが崩れると皮膚炎や脱毛をする事があります。
ホルモン異常で起こる皮膚病は左右対称に毛が抜け脱毛ていきます。首や胸をはじめ全身に左右対称に毛が抜け脱毛する事があります。
元気がなくなる・食欲亢進・肥満になる動作が鈍くなる等の症状も見られます。副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)が原因の脱毛は胴体が中心で頭や足にはあまり脱毛が起こりません。脱毛部分は皮膚が薄くなったり乾燥したりします。脱毛以外に大量に水を飲む・尿の量が増える・大量に食べる等の異常が現れます。

日光性皮膚病 猫の日光過敏症候群
日光に含まれる紫外線が原因と言われます。皮膚の細胞内での修復作業が
紫外線によって妨害されている事が原因とも言われます。遺伝的にメラニン色素の
薄い猫や白色の猫、又目が青い色の猫に多く発症しやすい病気の様です。
頭部に斑点ができ、頭部や顔の脱毛が起こります。かゆみは少ないと言われ、
重度になると潰瘍になり、皮膚がんを発症することもあります。
日光過敏症の予防は
なるべく日陰や、屋内での生活をする様に心がける事が大切です。

ニキビダニ 猫の毛包虫症
毛包虫症と呼ばれています。ニキビダニは耳道や毛穴に寄生し繁殖します。発症はまれです。口や目などの皮脂腺が多く存在する周囲が赤く腫れたり、局部的又は全身に脱毛が見られます。進行・悪化すると、脱毛部分が黒ずみ、ニキビのような膿が出たり、皮膚がただれたりします。

ヒゼンダニ 猫の疥癬
疥癬(かいせん)と呼ばれ、これはこのダニに感染している猫からうつります。ヒゼンダニは皮膚にトンネルのような穴を開けて皮膚の深部に進んでいきます。その為非常に強い痒みがおこります。
発症した場合、接触した猫や、他の動物にも感染すると言われますので他の猫や動物との接触を避けたほうが良いと言われています。耳のふちや肘・かかとに発症しやすく痒みがあります。その為引っ掻き、かさぶたができたり出血したりします。

ネコツメダニ
ネコツメダニは皮膚の表面に寄生します。長毛の若い猫に多く見られています。このダニが原因の皮膚病がツメダニ症です。
かゆみは少ないですが、お腹周囲や背中にかさぶたの様なフケが沢山出るのが特徴的です。フケが多く重なりその中にネコツメダニが見つかります。
猫以外にも犬やウサギからもツメダニは見つかっています。

猫のアレルギー性皮膚炎にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る