HOME > 健康辞典 > 猫の病気一覧 > 猫伝染性腹膜炎
病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


猫の猫伝染性腹膜炎 FIPとは

猫伝染性腹膜炎は猫コロナウィルスが原因で、免疫の低い子猫や6ヶ月〜3歳位の
猫に多く見られるようです。性別や品種によってかかりやすいという事は無いようです。感染は発病した猫から排泄された唾液・鼻水・糞便・尿に直接に触れた、または汚染された器物によって間接 的に鼻や口から経口感染します。
猫腸コロナウイルス自体は一般的に使われている消毒薬で死滅する程度で、健康な猫にはほとんど悪影響は与えません。発症しやすいのはストレスの多い生育環境にあったり、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、猫免疫不全ウイルス感染症(FIV・猫エイズ)に感染して免疫系のバランスが崩れた猫に発症しやすい。
その他にも免疫力の弱い仔猫や高齢猫も症例があり、持続感染している猫でも発病する猫は数%以下と言われますが、発病するととても危険な病気です。
猫コロナウィルスには腸炎のみをおこすのもあります。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの症状
猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの原因
猫の猫伝染性腹膜炎 FIPとサプリメントは?

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの症状

猫伝染性腹膜炎を発症したほとんどの猫は滲出方(しんしゅつがた)です。
肝障害が強い場合は強い黄疸を起こしたり、嘔吐や下痢を繰り返すことがあります。そのうちに腹水がたまりはじめます。
感染数週間から数ヶ月に元気消失・食欲不振・発熱・呼吸困難・貧血・脱水・黄疸・下痢などの症状が猫に見られます。
腹水または胸水のみが貯留する場合と、両者が貯留する例があるようです。普通は腹痛や胸痛はあまり無く、病変は肝臓・腎臓・リンパ節・肺などの猫の全身の臓器に形成されます。非滲出型では発病までの経過は滲出型とほぼ同じですが、おなかの中にリンパ腫のような大きなしこりができることがあります。
中枢神経や目に病変があらわれる頻度が高いようです。
脳・脊髄では病変部位によって様々な神経症状が出ます。
眼球の震え、けいれんを起こしたり、脳神経および末梢神経障害、知覚過敏、
頭が前部に傾く、いつもと違う行動をとるようになるなどが見られます。
目が侵された場合には前眼球炎をおこし失明することもあるようです。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの原因

猫コロナウィルスに感染することが原因です。FIPウイルスが病気を引き起こしFIPウイルスは猫腸コロナウイルスが猫の体内で突然変異したものです。
猫腸コロナウイルスは猫の口から体内に入り、便とともに体外に出され、他の猫に感染する経口感染で広がるウイルスです。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPにサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る