病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の熱が出る

健康な犬の平熱は38.3℃〜39.2℃です。運動した時や興奮した直後は体温は一時的に上昇します。それ以外の時に発熱したら、何らかの感染症に侵されたか、ケガなどで炎症を起こしている、あるいは中毒になったと考えられています。犬がいつもより元気が無く、食欲が減退して、飼い主が呼んでも動こうとしなかったり、よろよろと歩いてきたりするようなら、発熱しているかもしれません。真夏の日陰の無い場所につないだり、車の中に閉じ込めておくなどによって熱中症になり発熱を起こします。呼吸が速くなり激しくあえぎ、よだれを垂らすようになったら危険な状態です。体温が41℃を肥えると急激に脱水症状を起こして死亡することもあり、たとえ死をまぬがれても脳に障害が起こることもあるようです。病気による発熱は、病気の兆候であって病気そのものではありません。解熱剤によって一時的に熱を下げられることはあってもその原因である病気をつきとめて治療しなければ危険な状態はなくならないようです。


発熱する原因と病気 (参考)

・気管支炎・肺炎・尿路感染症・感染症・熱中症・中毒・炎症性の病気など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る