HOME> 病気・症状検索 > 犬の症状チェック > 歩き方がおかしい
病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の歩行困難や異常がある

犬の歩行困難は、老化や白内障で目が悪くなって歩きつらくなり、物にぶつかったり、ふらふらして歩く等の歩行困難もあります。その他は、犬が片足を持ち上げたり、引きずるなど歩き方に異常を見せることがあります。よくある原因は、散歩や運動の途中で植物のトゲや鋭く折れた木の枝が足の裏に刺さったり、金属やガラスの破片を踏んで足を切ったなどのケガです。高いところから飛び降りたり、交通事故で足を骨折したり、間接を損傷したことが原因のこともあります。異物が刺さったり、軽い切り傷の場合は消毒して1〜2日で治ることもあります。しかし傷口が大きく、ひどく出血しているようなときは至急獣医師にみてもらい、縫合などの手術を受けます。外傷が無いのに足を持ち上げて歩く時は、骨折や脱臼のほか先天的な関節異常(股関節形成不全)やレッグ・パーセス病、靭帯の断裂、さらには骨の癌が疑われています。犬の骨の癌には進行が早く、予後が悪い物がありますので、いつもと違うと感じたら早めに受診しましょう。


歩き方がおかしい原因と病気

・小脳の障害・骨の癌(がん)・骨肉腫・骨折・脱臼・股関節形成不全
・レッグパーセス病・ひざ靭帯の断裂・内耳炎・前庭炎・ケガ・白内障など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る