病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


猫の副鼻腔炎・蓄膿症とは

副鼻腔炎は鼻腔内や鼻粘膜の炎症を鼻炎と言い、炎症が前頭洞などの副鼻腔にまで達したものを副鼻腔炎と言います。
鼻の奥は副鼻腔という空洞で鼻の粘膜はその奥まで続いているいる為炎症が広がると副鼻腔炎になって、重症になると鼻水がそこにたまって蓄膿症になります。
子猫や老齢の猫は体の抵抗力が弱く、免疫も低い為に鼻や呼吸器の病気にかかりやすく、猫は犬に比べて呼吸器の病気や鼻の病気にかかりやすいと言われています。猫の蓄膿症は鼻腔に膿がたまったり粘膜がただれてしまう病気です。
蓄膿に一度かかると、慢性的または定期的に蓄膿症を発症してしまう事があります。

猫の副鼻腔炎・蓄膿症の症状
猫の副鼻腔炎・蓄膿症の原因
猫の副鼻腔炎・蓄膿症とサプリメントは?

猫の副鼻腔炎・蓄膿症の症状

鼻炎の時よりもクシャミ・鼻水がでます。炎症がひどく鼻腔がふさがると息を吸いこみずらくなり呼吸困難のように苦しくなります。
又鼻炎の為に臭いが分からなくなり、猫は食欲をなくして元気がなくなったりします。副鼻腔炎が悪化すると鼻水の排出が妨げられて蓄膿症になる事もあります。
その時猫は、くしゃみの度に膿のような粘り気のある鼻水をだし、鼻水に血が見られる場合もあります。

蓄膿症の症状は慢性的な鼻水によっていつも鼻をぐじゅぐじゅさせ、嗅覚がにぶってしまいます。そのために食欲がなくなり、動きも鈍くなっていきます。

猫の副鼻腔炎・蓄膿症の原因

猫は空気が乾燥した冬に鼻炎等、鼻の病気・副鼻腔炎をおこしやすいと言われていましたが、最近ではエアコン等で空気が乾燥している夏でも鼻炎をおこす事がよくある様です。
これは空気が乾燥していると喉や鼻の粘膜をいため、細菌等に感染しやすい状態になっているからです。鼻炎と同様に、カビやほこりによるアレルギー、排気ガスや薬品等の刺激臭を吸い込み鼻の粘膜が刺激を受け炎症を起こすことがあります。
細菌感染・ウィルス感染・真菌感染・異物性・外傷性・先天性・腫瘍等が挙げられています。猫の蓄膿症は副鼻腔炎が進行したり、鼻炎から慢性化する事によって蓄膿症を発症します。

猫の副鼻腔炎・蓄膿症にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る