HOME > 健康辞典 > 猫の病気一覧 > 子宮蓄膿症
病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


猫の子宮蓄膿症とは

名のとおり子宮の中に膿がたまる病気が子宮蓄膿症です。
不妊手術をしていない猫に多いと言われます。

猫の子宮蓄膿症の症状
猫の子宮蓄膿症の原因
猫の子宮蓄膿症とサプリメントは?

猫の子宮蓄膿症の症状

初めは何となく元気がなかったり、食欲が減るという症状から始まり、多飲多尿・嘔吐・下痢・外陰部を舐める・嫌な臭いがするといった症状が見られます。子宮内部に膿がたまり子宮が膨らみます。進行すると膿の量が増えてお腹が膨らむ事があります。

猫の子宮蓄膿症の原因

発情期になると子宮頚管が開き子宮に細菌が侵入しやすくなります。
肛門や外陰部から大腸菌やブドウ球菌等の細菌が侵入し発症します。
またおすわりの姿勢をする時に肛門周囲の雑菌が膣につくことも原因として挙げられています。子宮にはもともと細菌感染しても免疫作用が働いて炎症を食い止める仕組みがありますがホルモンバランスが崩れている時や、体力低下時、免疫力低下時はこの作用が弱くなっている為細菌に感染しやすく、さらに繁殖しやすくなります。子宮蓄膿症は特に生理後に起こりやすいと言われています。
発情期の子宮粘膜は精液を子宮の奥へ運ぼうとする働きがあるために細菌も一緒に子宮の奥へと運ばれていきます。そして、発情期が終わると子宮頚管は閉じてしまう為、入り込んだままの細菌が増殖し膿が溜まる様になります。
腎不全をおこしている事が多く、まず腎不全の状況をみていくこともあるようです。

猫の子宮蓄膿症にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る