病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


犬の肝臓病とは

肝臓は非常に重要な器官で肝臓病とは、病原菌への感染や中毒によって肝臓の機能が低下し、全身に障害が現れる病気です。
肝臓の働きはタンパク質の生産、血糖値の調節、血液凝固の調節、代謝、ビタミン生産や蓄積、消化のために胆汁の生産、有害物質の排除などです。
適切な診断と治療を行わなければ犬の体内の毒素の蓄積のため、肝細胞が死亡し、肝臓は硬く、ゴムのようになってしまい「肝硬変」になり、肝臓機能を失います。肝細胞の約80%が死亡した場合、肝不全が発生し始めます。
肝臓は非常に多くの機能を実行するので、犬が肝臓病になれば、犬の健康自体に大きな悪影響を与え、肝臓病時には栄養的な長期管理が重要になります。

犬の肝臓病の症状
犬の肝臓病の原因
犬の肝臓病とサプリメントは?

犬の肝臓病の症状

犬の肝臓病の早期症状は特徴がなく、症状としては食欲不振、抑うつ、成長不良、消化器障害、黄疸、腹水、多飲多尿、出血傾向、神経機能障害、体重減少、慢性嘔吐、下痢 (嘔吐は下痢よりも一般的)、軟便、大量の水を飲む、頻尿などです。
犬が肝不全になると、黄疸(皮膚と目の白い部分の黄変)や意識識障害、よだれ、けいれんや昏睡状態、腹水、出血(犬の尿、便、または吐物)がみられる。

犬の肝臓病の原因

肝臓は多くの化学物質や毒素を代謝するので、常にたくさんの化学物質や毒素にさらされていたら、肝臓に大きな負担をかけます。
ノミ撃退製品、除草剤・殺虫剤、過量な鉛などがあげられます。
薬の長期や過度の使用(コルチコステロイド、抗生物質、抗真菌薬、駆虫薬、利尿薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗てんかん薬(抗けいれん薬)など。
その他の原因として、ウイルスや細菌感染症、事故による怪我、先天性疾患、貧血、クッシング症候群、 フィラリア、心臓病、膵炎、肝臓癌など。

犬の肝臓病にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る