病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


犬の尿崩症とは

尿崩症は、多飲多渇(たいんたかつ)・多尿症候群とも呼ばれます。
尿の過剰な排出を防ぐホルモン、抗利尿ホルモンの産生あるいは分泌が障害され、その為に多尿となった状態を尿崩症と言います。
尿を作る働きはこの抗利尿ホルモンによってコントロールされています。
このホルモンは脳の視床下部で作られ、下垂体に蓄えられます。
犬の体内水分が不足してくると抗利尿ホルモンが下垂体から
分泌されて腎臓に働きかけ水分の排出を防ぎます。
逆に水分が過剰になるとこのホルモンの分泌は抑えられます。
体重1㎏につき1日100ml以上の水を飲めば多飲と言われます。
又体重1㎏につき1日50ml以上の尿をすれば多尿と言われます。
普段からよく尿量や回数等を確認しておきましょう。

犬の尿崩症の症状
犬の尿崩症の原因
犬の尿崩症とサプリメントは?

犬の尿崩症の症状

視床下部や脳下垂体の炎症で飲んだ水に対する尿の量をコントロールする
抗利尿ホルモンが正常に働かなくなります。
飲む水の量と出す尿の量が標準を大きく超えます。
進行度により異なりますが、水をたくさん飲んでも欲しがる(多飲多渇)や、尿量が多くなる(多尿)が主症状です。
自由に水を飲める状態であれば、胃拡張や嘔吐等の症状がみられることもあるようです。

犬の尿崩症の原因

ホルモンを作る視床下部や、蓄える下垂体などに傷がついたり(手術や事故・外部からの衝撃等)、腫瘍ができたり、感染によって炎症がおこったりすると抗利尿ホルモンが正常に分泌されなくなって尿の排出をおさえれなくなります。
又、遺伝的にホルモンを作れない犬や腎臓病、ステロイド薬や利尿薬・抗痙攣薬等が原因で尿崩症がおこることもあります。

犬の尿崩症にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る