HOME > 健康辞典 > 犬の病気一覧 > アレルギー性皮膚炎
病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


犬のアレルギー性皮膚炎とは

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。この免疫機能がホコリやダニなど普通は反応しない物に過剰に働いてしまう為、体に害を与えてしまう事があります。
これをアレルギーと言って、その原因となるなる物資をアレルゲンと言います。

犬のアレルギー性皮膚炎の症状
犬のアレルギー性皮膚炎の原因
犬のアレルギー性皮膚炎の種類
犬のアレルギー性皮膚炎とサプリメントは?

犬のアレルギー性皮膚炎の症状

強い痒みのため犬はしきりに引っ掻いたり舐めたり咬んだりします。その為皮膚が傷つき、表皮がはがれて潰瘍ができたり出血したりします。
体液がでてジュクジュクしたり、それが乾燥してフケのような物がでてきたりします。皮膚の状態が悪化すると脱毛や毛が薄くなっりします。
アトピー性皮膚炎や食物性アレルギーは外耳炎を伴う事もあります。
皮膚炎の種類により症状が現れやすい箇所がありますが、皮膚の病気が進行するにつれ患部は全身へと広がっていきます。
アレルギー性の皮膚炎の治療や治すにはアレルゲンを取り除く事と、免疫機能を正常に働くようにする事がとても大切です。

犬のアレルギー性皮膚炎の原因

犬の生活環境や最近の食べ物の変化などからある程度のアレルギーになる原因物質を特定できます。可能性のあるアレルゲンを与えて反応を見る事で原因を特定できれば、できるだけ生活の中から排除します。
しかし、アレルゲンを特定できない事も多くあり、ほこりやダニを完全に排除する事は非常に困難です。
犬のアレルギー性皮膚病を発症すると、治った様に見えても再発する事もある為、長期間根気強く対処する事と、常に体や被毛のチェック等を行うことが必要です。

犬のアレルギー性皮膚炎の種類

アトピー性皮膚炎
アレルゲンを鼻や口から吸い込み起こるのがアトピー性(吸引性)皮膚炎です。アレルゲンとなる物質は、ホコリ・カビ・花粉・糞・ダニなどです。

接触性アレルギー
犬がある特定の物質アレルゲンに接触すると、アレルギー反応を起こす事があり、これを接触性アレルギーと言います。

ノミアレルギー
犬の体にノミが寄生し吸血される事が原因のアレルギーをノミアレルギーと言います。

食物アレルギー
食物に含まれる成分を摂取することが原因で、免疫が過剰反応を起こし発症する
病気を食物アレルギーと言います。

内分泌(ホルモン性)アレルギー
ホルモンのバランス不全により左右対称の脱毛や皮膚の乾燥などの症状があります。

犬のアレルギー性皮膚炎にサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る