病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

病気辞典についての記載内容は、健康管理の参考としてお役立てください。気になる様子がある場合や、専門的なことは必ず専門医・獣医師に相談してください。


犬の腹腔内(腎臓・肝臓・脾臓など)のガンとは

犬の腹腔内に存在する臓器に発生した癌が腹腔内癌です。消化器管癌・肝臓癌・腎臓癌・膵臓癌・脾臓癌・卵巣癌・子宮癌・膀胱癌)等があります。
犬の消化管、特に小腸に発生する腫瘍で最も多いのは、腺癌(老齢の動物に多い)と消化管型リンパ肉腫(中〜老齢の動物に多い) や、血管肉腫です。
他にも平滑筋腫・線維肉腫・肥満細胞腫等が挙げられています。
犬の大腸に発生する腫瘍は悪性腫瘍が多く中でも腺癌が多いと言われます。

犬の腹腔内ガンの症状
犬の腹腔内ガンの原因
犬の腹腔内ガンの種類
犬の腹腔内ガンとサプリメントは?

犬の腹腔内ガンの症状

犬の臓器系に出来る腫瘍では、まず元気がなくなってくるのが最初の症状で多いようです。癌の発生箇所によって症状は様々です。
犬の胃癌は嘔吐や血を吐き、肝臓癌は食欲不振やお腹が膨らみ、膀胱癌では血尿が出て、子宮癌はオリモノやお腹が腫れる、嘔吐が見られます。

犬の腹腔内ガンの原因

犬のガンは食生活やストレス等の生活環境や加齢・紫外線・放射線・化学的発癌物質・刺激物質・ホルモン・ウィルス・遺伝性・免疫不全等あげられます。

犬の腹腔内ガンの種類

肝臓ガン・脾臓ガン
肝臓ガンや脾臓ガンは悪性の腫瘍です。犬の脾臓ガンは血管肉腫が比較的多く、かなり大きくなってから気付く事が多いようです。
脾臓ガンの主な症状は食欲不振・腹部膨張です。
犬の脾臓ガン(血管肉腫等)は特にゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ジャーマン・シェパードのような大型犬によく脾臓腫瘍(血管肉腫)の発症傾向があるようです。
肝臓癌は、肝臓に発症した原発性の肝腫瘍の場合と、他の臓器に発症した癌が肝臓に転移した転移性癌があります。

胃ガン
胃ガンは悪性の腫瘍です。嘔吐・血を吐く・体重減少・下痢等がみられます。

平滑筋腫
膀胱・子宮・胃腸のような臓器の壁に発生する良性の腫瘍です。
腫瘍により臓器が圧迫されるので発生部位によって様々な症状がみられます。
腸の場合は腸閉塞をおこし、嘔吐や下痢などがみられます。その他部位でも
慢性的な貧血や体重減少・排便や排尿異常等があります。

直腸ガン
犬の直腸ガンは悪性の腫瘍で、消化管腫瘍のうち、直腸・結腸の腫瘍が犬で
30〜60%・猫で10〜15%を占めています。中でもポリープ・腺癌・リンパ腫などが良く見られます。多くの直腸ガンの場合、血便・血尿がみられます。

卵巣腫瘍
症状はほとんどなく稀な腫瘍です。卵巣腫瘍には卵巣のう胞もあり卵巣腫瘍よりも一般的です。卵巣のう胞は、 卵巣の中に液又は半固体の物質で満たされた袋が出来る事です。

犬の腹腔内ガンにサプリメントは?


「動物病院の先生に薦められて」「知人や家族に聞いて」「自分で調べて」など、一般的にサプリメントも必要とされていることがあります。健康を願って何かしてあげたいと思う時に与えられるのがサプリメントです。年齢や体重かかわらず、健康を補うためにはどんな状態でも無理せず続けられることが大切です。サプリメントは医薬品ではありませんので、与えることに不安がある場合は、獣医さんに相談したり、家族で話し合ったり、メーカーに問合せたりして、納得の上使用されることをお勧めします。サプリメントは足りない栄養を補って体の健康を補助する目的です。それぞれの状況や様子にあわせ選びましょう。


icon_check 体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。

icon_check もっと!ずっと元気でいてほしい。

icon_check 与えやすいサプリメントが良い。

様々な理由で、健康を目的にサプリメントを使用!
photo大型犬と小型犬、子犬や老犬にそれぞれの様子にあわせて与えています。
photo味覚や臭いに敏感な猫ちゃんには与えやすいものが選ばれる傾向にあります。


健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。


ページトップに戻る