病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の手足の麻痺や痙攣

長い間、首の骨や背骨に無理な力が加わるような生活をしてきた犬や、事故で背中を強打した犬は、後半身(下半身)あるいは全身の麻痺を引き起こすことがあります。これは脊椎の骨と骨の間に挟まっている椎間板が押しつぶされて脱出する病気、椎間板ヘルニアで、はみ出した部分が背骨の中を通っている神経(脊椎)や、そこから枝分かれしている抹消神経を圧迫するために起こる、非常に強い痛みやしびれを伴う重い症状です。ごく軽いヘルニアでは、絶対安静をしばらく続けたあと、症状が軽くなる事もあります。しかしこれより重いと、犬は激痛と後ろ足または4本の足のしびれの為に大変苦しみ、体を動かすことを嫌がります。椎間板ヘルニアが重い時にはほとんど全身麻痺して動けなくなり、痛みもわからなくなります。この様な場合には手術によって椎間板の脱出した部分を除去する事によって脊髄の圧迫を取り除かなければ普通の生活が出来るようにはなりません。椎間板ヘルニアは、ダックスフントのように胴長短足の犬が年を取ったり激しい運動を繰り返しているとなりやすいと言われております。また無理に引っ張ったり、のけぞらせたり、急な階段を頻繁に昇り下りさせると首(頚椎)の椎間板ヘルニアを起こすことが多いとも言われております。ヘルニアは遺伝的な理由によることが多いという専門家もいます。交通事故で脊髄が損傷したときも、足の麻痺がおこることがあります。


足が麻痺している原因と病気 (参考)

椎間板ヘルニア・首の骨の異常・脊髄の損傷・骨の癌腫瘍など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る