head_img_slim

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 ~ PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の嘔吐や吐く

嘔吐とは何か?
一般に食べた物を口からもどす事を吐くと言いますが、これには嘔吐と吐出があります。嘔吐は消化しかけた食べ物や液体が、胃または小腸から口を経て吐き出されることを言います。吐出(吐き出し・逆流とも言う)は、食べた直後の食べ物が食道から口を経て排出されることを言います。通常、嘔吐は胃や腸の病気によっておこり、吐出は喉(咽頭)や食道の病気によっておこります。犬が吐くと言う症状の原因でまずあげられている病気が胃や腸の病気で、他全身的な病気や神経系の異常等で吐き気がおこります。一言で吐く・嘔吐するといっても犬によりその原因や症状は様々です。吐く回数・血液が混ざっている・腹痛を伴う・粘液や血の混ざった便(血便)や血尿が出る・食欲不振になるなどの症状が起こる場合もあります。犬が吐いても問題ない事もありますが、いずれの吐き方でも犬が吐く・嘔吐するとういう事は病気やケガの兆候が多いので早めに獣医さんに診察してもらうことが大切です。嘔吐や吐く行為がひどく病院へ連れて行くときは、吐いた回数・吐いた後の様子・吐く前に食べたもの・吐いたものを把握する(持っていく)など詳しく状況を把握しておきましょう。
苦しがらずに犬が吐く・嘔吐する犬は時々草を食べて後で吐いたり、大量に与えられた食事を食べたり、味の濃いものを食べて吐く事があります。この場合犬は苦しがらずに吐き、食べたものがそのままの形で出てきます。吐いた後の犬は何事も無かったかのように元気にしていることが多い様です。これらは病気によって吐くのではなく犬が体を正常に保つ為の自然な行為と言われます。例えば母犬が子犬に自分の食べかけのご飯を吐いて与えるのはご飯に慣れさせ、乳離れをうながしているためと言われます。しかしこの様な吐き方でも毎日続き、繰り返す場合は注意が必要で栄養不足によって体力も低下し衰弱する事もある様なので注意深く観察しましょう。食べ物を反射的に吐く時は巨大食道症等の病気の可能性もあげられ、吐いた物が気管に入ると肺炎になる事もあるようです。
苦しそうに犬が吐く・嘔吐する犬が腹部や胸部・筋肉全体を波打つように苦しそうに吐く時は急性の病気が疑われています。理由が無く嘔吐をする時は犬が病気のサインを発している時かもしれません。1日に何度も吐く(吐き気する)・激しく吐く・苦しそうに吐く・吐いた物に血や異常な物が混じっている・薬物や異物を飲みこみ吐く等の場合は重大か緊急を要する病気の可能性があると言われます。激しい嘔吐の原因は食べ過ぎやプラスチック・布・石・硬い骨等を飲み込んだり、異物によって腸閉塞を起こした時も吐き気の症状が出ます。吐こうとするけど吐けなくて苦しむ・腹部が張ってきて食欲が低下します。他、胃潰瘍・胃捻転・胃拡張などが嘔吐を引き起こす原因と言われます。他、腫瘍・癌(がん)・感染症・腎臓機能の低下・尿毒症・子宮蓄膿症・頭部強打・中毒・薬の副作用等によっても嘔吐の症状が見られます。


吐く・嘔吐する原因と病気 (参考)

・フィラリア症・腹膜炎・腹水・尿毒症・急性腎不全腎炎子宮蓄膿症・感染症・事故による頭部の強打・腹部の腫瘍悪性リンパ腫糖尿病・内部寄生虫・異物を飲み込む・胃捻転・中毒など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る