head_img_slim

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 ~ PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の水を飲む量が多い

犬は健康な時でも、激しい運動の直後や塩分や糖分の多い食べ物を食べた後などにはかなり水を飲みます。また水分を含んだ食餌をとっている犬より、ドライフードを主食にしている犬の方がどうしても水を大量に飲みます。しかし非常にたびたび水を飲むようなら、病気と疑う必要があります。ホルモン分泌の異常による病気(甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、尿崩症等)又は泌尿器の病気(膀胱炎、腎不全など)それに糖尿病などの可能性もあります。雌の老犬が子宮に膿がたまる子宮蓄膿症になると、水をよく飲む様になります。下痢や嘔吐を繰り返した時には、体内から水分が大量に失われて脱水症状をおこしやすくなる為、やはり水をほしがります。この場合は、下痢や嘔吐の原因を突き止めて治療をしなくてはなりません。


よく水を飲む原因と病気 (参考)

腎臓炎・膀胱炎・子宮蓄膿症糖尿病クッシング症候群尿崩症甲状腺機能亢進症脱水など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る