病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の尿に異常がある、血尿や尿が出ない

尿は体の異常を直ぐにあらわします。尿をする、尿をする姿勢をとるけどあまり出ない場合は、膀胱炎か尿路結石、前立腺異常が疑われます。この時、たびたび水を飲み、排尿の姿勢を繰り返します。特に結石が尿路をふさぐと尿がほとんど、出なくなり犬は大変苦しむので直ぐに治療を受けなければなりません。尿が全く出なくなると犬は2〜3日間苦しんだ後に死亡します。また尿の回数や量が異常に多いときには、慢性の腎不全・糖尿病・子宮蓄膿症(雌)・尿崩症の可能性があります。尿に血液が混じっている(血尿)・濁っているなどの場合は膀胱炎・膀胱結石・急性フィラリア症・玉ネギ中毒などが疑われます。尿に血が混じって血尿がある場合や、同時に脱水症状ショック症状(歯茎が青白くなり、呼吸や鼓動が非常に早くなり、不安定に歩き回ったり、ぐったりするなど)を起こした時は緊急に治療を受ける必要があります。尿に血が混じっていたり尿道から出血しているときには生殖器から泌尿器の病気が考えられます。犬の尿色、血尿、尿量など普段からよく観察する事で病気の早期発見にもつながります。


尿に異常がある原因と病気 (参考)

・フィラリア症・腎不全尿道炎・膀胱炎・尿路結石子宮蓄膿症・前立腺の異常・排尿障害・腹部の腫瘍糖尿病・尿崩症・たまねぎ中毒・前立腺癌(がん)など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る