head_img_slim

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 ~ PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の目に異常、目やにや涙が出る

犬にとって目は優れた感覚器官です。犬の目は地面に近い所にあるので砂ぼこりやゴミが入りやすく、 目の位置が高い人間よりずっと不利な条件におかれています。その為、犬は目の病気になったり、ケガをする可能性が高いと言えます。目やにが出るのは、おもに眼球の表面の角膜が傷がついたり炎症をおこしている(角膜炎)、又はまぶたの内側の結膜に異常がある(結膜炎)などの理由によります。逆さまつ毛(プードル犬や コッカー・スパニエル犬に多い)や何らかの感染症にかかっても目やにが出ることもあります。目やにが 黒っぽく、乾燥して目のふちに付着しているだけならあまり心配ない様ですが、膿の様に黄色くドロッと している時は病気と言われます。角膜炎や結膜炎、逆さまつ毛、アレルギー症状などの場合は、目やにや 涙の他に、目が赤く充血したり、目がかゆいので前足でしきりにこすったりする事もあります。涙が止まらない原因としては、目の表面を流れた涙を鼻腔へと流し出す涙小管がつまる病気(流涙症)が考えられます。 普段は隠れてあまり見えない瞬膜(第三眼瞼)が膨らんで目の内側に露出してきたら(チェリーアイ)、目の他の病気があるか、又は全身的な病気の現われとみなくてはなりません。他にも、眼球の表面や内部が白っぽい、目が腫れている、眼球が傷ついて出血しているなど、犬は様々病気やケガによって症状が現れることもあります。 治りにくいようにみえる目の病気も根気強く何週間何ヶ月とつづけて対応すればよくなる事があると言われます。目の症状は気づきやすいので普段から目の状態をよく把握している事が病気の早期発見にもつながり大切なことです。


目に異常がある原因と病気 (参考)

・角膜炎・結膜炎・乾性角結膜炎・眼瞼内反症・眼瞼外反症・チェリーアイ・流涙症・逆さまつ毛・感染症・全身的疾患・怪我など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る