病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の脱毛

犬は初夏に脱毛する事があります。これは気温の上昇に体が反応して冬毛が抜けおちる(換毛)為で病気ではありません。それ以外の季節でも犬の毛(人間でも猫でも同じですが)はつねに少しずつ抜けかわりその後は新しい毛が生えて正常な状態を保ちます。特に犬の毛は毛根にある皮脂腺から分泌される脂肪におおわれ、これによって毛も皮膚も保護されています。しかし初夏以外の季節に全身の毛が異常に抜けるようなら皮膚病、ホルモン分泌の異常、外部寄生虫などが考えられます。皮膚病はいろいろな原因が考えられ、脱毛と同時に他の症状が生じている事があります。初めは両耳の内側が薄くなる事から始まり、しだいに四肢を除く全身の毛が左右対称に抜ける場合にはホルモン分泌の異常(クッシング症候群など)が考えられ、部分的な脱毛は先ずアカルス(毛包虫症)・犬疥癬・ノミアレルギー皮膚炎等が考えられています。直系数ミリから数センチの円形又は、楕円形の脱毛は真菌感染の時(白癬)が多い様です。急性の湿疹で腰やわきにこぶしぐらいの脱毛ができ、皮膚が湿疹になる事もあります。脱毛の原因を明確にするには、根気強い対応が必要になります。放置しておくと慢性化したり症状がひどくなるので早めに獣医師の診察を受ける事が必要です。又犬が脱毛する原因の多くの病気は免疫力の低下によるものもあります。


犬が脱毛する原因と病気 (参考)

クッシング症候群・脱毛症・寄生虫による皮膚病・ノミアレルギー毛包虫症・疥癬・白癬・ホルモン性皮膚炎・精巣の腫瘍・換毛・免疫異常


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る