head_img_slim

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 ~ PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の震えや痙攣

犬の体が小刻みにふるえることがあります。これは病気の症状であることも、またそれ以外の原因によることもあります。犬は非常に強い不安や恐怖に襲われると人と同様に体が震えて止まらなくなることがあります。比較的小型の犬は、カミナリの音を聞くと恐怖のあまり全身が震えて、時には反狂乱になり呼吸が荒くなり、心蔵病の犬が発作を起こしたような状態になることも珍しくありません。犬は寒い時にも震えます。とくに家の中で生活をしている犬は急に寒気の中に出ると体を震わせて体温を上昇させようとします。震えは痛みの症状をあらわす事もあります。お腹や背中が痛む時は全身の震えがでます。また、痙攣のような震えが止まらない時は低体温症(重い病気やケガなどによって体が衰弱し体温が下がった状態)、中枢神経の異常、低血糖症、尿毒症、内分泌の病気、中毒、大きなケガによるショック症状などが考えられます。精神的な理由や一時的な寒さなどによる震えは安心させて、暖かくしてやれば治まる様ですが、いつまでも犬の体の震えが止まらなかったり痙攣の症状を示すようなら、至急、獣医師に診てもらう必要があります。


震える・痙攣する原因と病気 (参考)

・尿毒症・脳や神経の病気・内分泌の病気・狂犬病・ジステンバー・破傷風・心臓病・癲癇・低血糖症・不安・恐怖・寒気・低体温症・中毒・強い痛みなど


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る