病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の便に異常がある、下痢

人と同様に犬も病気でなくても下痢をする事があります。犬(成犬)は牛乳の乳頭成分を消化する酵素が 不足しているので、牛乳を飲むと下痢をします。その他食べ物が合っていない場合(食物不耐性・ 食物アレルギー)、一度に大量に食べ過ぎた場合にも下痢をする事があります。又、多数の寄生虫がいる・慢性の膵臓病にかかっている・精神的ショックを受けたなどの原因で下痢をします。軽い下痢の場合には1日絶食をさせるか、味を付けたおかゆのような消化の良い食べ物を少々と下痢止めの薬を与えるだけで治ってしまうこともあります。軽い下痢だからといって軽く考えず、その原因を 付きとめ、次回から取り除いてあげる事も大切です。また、ウイルスや細菌に感染して病気になると下痢をする事もあります。下痢と発熱を伴うこともあり、39.5℃前後より高い様ならその可能性が疑われます。風邪のような感染症でも下痢が2日間以上続き、水の様な便やタール便(小腸や大腸の出血の為に便がチョコレート色または黒色になりドロッとしている)が出ることがあります。血便がでると言いますが、便に血が混じっているのか、便に血がついているのかによって出血の場所や原因が異なります。同じ下痢でも、液状の下痢に血が混じる血便がでる場合、ところどころに赤い点のように血が混じる血便の場合などです。この様な下痢と嘔吐が伴うと深刻な感染症(食中毒・パルボウイルス感染症・犬伝染性肝炎等)にかかっている事があり感染症は緊急の治療を要します。食中毒やパルボウイルス感染症では、腸全体が激しい炎症を起こし、レプトスピラ症やジステンバーでも激しい下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。下痢が何日も続いたり嘔吐をする時は放置しておくと犬の生命にかかわります。


下痢をする原因と病気 (参考)

・胃と腸の病気・下痢・膵臓病・肝臓病・感染症・ジステンバー・腹部の腫瘍・寄生虫・パルボウイルス感染症・犬伝染性肝炎・レプトスピラ症・中毒・過食・精神的ショック など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る