head_img_slim

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 ~ PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の便に異常がある、便秘

犬も食べ物や生活環境によって便秘になります。犬が高齢になると運動量も低下する為に、腸の運動力も低下し便秘になる事があります。又、病気が直接・間接的な原因となって便が出なくなる事も あります。肛門周辺の毛がかたまって肛門をふさいでしまう為、便が出なくなることがあります。特に被毛の長い犬は日頃から肛門の周りをブラッシングしたり伸びた被毛を適度に切り揃える事が必要です。繊維質の食物が腸に良いと考えてサツマイモやキャベツなどを毎日与え続けると逆に繊維質の過剰摂取によって便が硬くなり便秘になります。鳥の骨や食べ物についた砂などを大量に摂取した場合も便が硬くなって腸の中を通りにくくなります。神経質な犬は排便し難い環境にいると便秘になる事があります。便秘は病気によっても起こります。肛門嚢が閉じたり細菌に感染している・前立腺が肥大して大腸が圧迫されている・脊髄に異常が起きたり骨盤を骨折している・下半身にケガをした・甲状腺機能低下症にかかっている会陰ヘルニアを起こしているなどです。血便が出る場合は肝臓病などの重い病気の可能性があります。肛門から出血しているときは肛門腺が細菌に感染して炎症を起こしているかもしれません。犬の便秘・排便困難・血便は深刻な病気のこともあるので注意が必要です。


便秘になる原因と病気

・前立腺肥大・脊髄の異常・会陰ヘル二ア・下半身のケガ・カルシウムの過剰摂取・甲状腺機能低下症・肛門周辺の毛のかたまり・肛門嚢炎・骨盤の骨折・繊維質の過剰摂取・先天的な異常(鎖肛)・排便の環境の不適切など


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る